お知らせ

アカラ、宗次ホール& BERKELEY CAFE in 名古屋

ライブから一週間経ってのブログ更新が最近のパターン‥のくせに、なんとタイトルはじゅんさんのブログから引用!

11月3日、名古屋で演奏して参りました。
1日2回演奏する機会は割とありますが、昼夜と会場を移動して演奏は広州以来じゃないのかな(笑)。
夜の演奏前に、ステージ傍で寝落ちするじゅんさん(どこでも眠れる特技)。

ご来場くださった皆さま、そして今回もアカラを招致してくださったモスケさん、潤子さん、莉沙ちゃん、そしてそしてモスペのライブ会場BERKELEY CAFEさんをご紹介くださった二胡奏者の柳瀬寿子さん(柳瀬さんは3年前に名古屋で共演していただきました。懐かしい。。)と、昨年梅本家で共演してくださった二胡奏者の出會深雪さん、会場のスタッフのみなさん、本当に、本当にありがとうございました!
モスケさん、今回も吉野弘さんの「生命は」を朗読。
私の二胡の琴頭装飾を創作してくださった、木工作家の工房 祐女(ゆめ)さん。
新しい作品とともに、滋賀から駆けつけてくださいました!素敵ー♫

モスケさんの末娘の莉沙ちゃんに、「なんでtwitterやらないの?私が立ち上げてあげよっか?」とありがたいご提案をいただいたのですが、、ブログでさえ頑張ってこのペースなので、つぶやける自信がなく、丁重にお断りしました。
いろんな場所で演奏させていただく機会が増えてありがたいな〜と思いながらも、でっかい荷物を持っての移動に疲れる時、じゅんさんの「俺たち、旅芸人だから♫」という言葉に励まされる今日この頃。
アカラの音楽が必要でしたら、どこへでも行きますよ〜!!
演奏のご依頼はこちらから!(笑)
お待ちしております。

  • Share (facebook)
  • mixiチェック

2017.11.10

台風のなか‥

10月29日、千葉の教会で演奏させていただきました!
ご来場いただきました皆さま、アカラを招致してくださった佐藤さん、スタッフ・関係者の皆さま、本当にありがとうございました!
毎年演奏させていただいている水道端図書館さんからのご縁で、今回演奏させて頂けました。
とても音の響きの良い会場だったので、久々のアンプラグドで演奏。
開演時間、台風の影響で豪雨の真っ最中でしたが、楽しみにしてくださっていたお客さんが駆けつけてくださり、本当にありがたかったです。
演奏中の写真がなくてすみません!
関係者一同で。
終わって最寄り駅まで送っていただき、電車に乗る直前に、めずらしくじゅんさんが自撮りすると言い出し、、
すごいヘタすぎw
これでも何度も撮り直して、暴風雨のなか、貴重な電車を逃しそうになりました(笑)。
その後、「なかがわ・なかがわ番外編」の千秋楽へ直行。
今回の「なかがわ・なかがわ番外編」では演奏担当ではなく、音楽シーンの監修をさせていただきました。
こちらも大盛況だったようで、番外編第二弾が予定されているようですよ!
出演者と関係者みんなで。
じゅんさんの変顔が各所で大好評だったので、追加。


  • Share (facebook)
  • mixiチェック

2017.10.31

アカラ上海ライブ2017、終了!

帰国して、早一週間経ってしまい、ご報告遅れましたが、アカラ上海ライブ、無事終了いたしました〜!
ご来場いただきました皆さま、本当にありがとうございました!
日本からお越しくださった方々もいらして、感謝感激。
今回のライブを企画してくださったウッチーさん、開催会場「開心果」のタカさん、ゲストのパンリーさん、日本からご一緒してくださったギターリストの高橋さん、奥様、そしてそしてライブ開催にご協力いただいた皆々様、応援してくださった方々、本当にありがとうございました!!
今回はツアーではなく、アカラが初めて上海で公演した会場、「開心果」で3年ぶり1回きりのライブ。
初めてお会いする方、懐かしいお顔。
土地、国は変わっても、私にできることはアカラの音楽世界をお届けすること。
それを感じ、楽しんでいただければ本当に幸せ。
久々の上海、ライブ前日入りして、じゅんさんはミュージックチャイナへ。
私はホテルで、翌日のライブの構想を練りながら寝る(笑)。
ホテルの窓からの景色。空気悪いけど、夜景はすごく綺麗でいた(夜景の写真なしw)
ライブ当日、「開心果」到着。
リハーサル終わって開場。お客さんが入り始めた会場内。
本番スタート。写真は上海在中の山脇恭子さんが撮ってくださいました♫
ゲストのパンリーとコラボ。
出演者で一枚。
日本からのお客様と(白Tはオーナーのタカさん)
前回もお越しくださった方々(白Tはオーナーのタカさん)
打ち上げ。
ゲストの二胡奏者パンリーさんのハイレベルな生演奏を観て、あらためて中国の二胡奏者の技術力&演奏力に感動しながら、あらためてアカラにしか出来ないことを振り返れたり、
「次回は、上海の各所での演奏をブッキングしてツアーにしましょう」というような有難いお話もいただき、今回の上海行きも、本当に貴重な機会となりました。
翌日はもう帰国という弾丸スケジュールの中、じゅんさんはなんと無錫へ観光に。
私は相変わらずホテルで過ごす(笑)
そしたら、なんと1曲できたよ!!
「Japanese woman In Shanghai(仮)」(スティングのアレです、笑)
帰りの飛行機では、なんと偶然にもギターの高橋さんご夫妻と前後の席に!
日本に着いて、スカイライナーの中で。
帰国の翌日は、義理の叔父の音楽葬でお送りしました。
音楽が大好きだった故人を偲びつつ、上海を振り返りつつ、音楽でつながること、一期一会の大切さ感じながら、いろんな方々いてくださるおかげで、自分がいかされていること、演奏させてもらえることを噛みしめる一日となりました。

  • Share (facebook)
  • mixiチェック

2017.10.22

上海1日目

上海1日目の記事を二胡奏者こたにじゅん Blogにアップしています。
ぜひご一読ください♫
出発当日、テンション上がって空港ではなく最寄り駅で撮影(笑)

  • Share (facebook)
  • mixiチェック

2017.10.14

こたに じゅん 二胡LIVE “HISTORY”

ご無沙汰してます!
ここ数年は、毎年3〜4月にソロリサイタルを開催していました。
今年はそこから半年以上経ってのソロライブを開催します!!

…1年8ヵ月ぶりか…

二胡奏者になって、二胡の講師になって、結構経った気がしてます。
二胡を仕事にし始めた頃は、これまで経験してなかったことばかり。
でも続けていると、それまでは見えなかったことにも気づけてきたことがあります。

ここ2年ほど思索していることがありまして…
自分は積極的にアピールできる人間ではないので、今の状態でこのまま続けてもここからの発展は難しいのかとも思っています。
外へ向けてアピールする…ということが苦手な分、内に向かっての作業…作曲したり練習したり、どう弾けば今より良く聞こえるかの研究の方が好きなんですね。
で、2〜3年前はと言えば、それでも自分にしては外に向けて頑張ったんじゃないかと思っています。
頑張ってると自分では思っているだけで、それでも目に見えた成果が感じられない時間が続くと、さすがに疲れてきます。
でもコンサートで演奏すると、1回1回がまだまだ成長を感じますし、昨日より更に深く音楽の中に入っていけてる実感があります。
何よりも音楽が、演奏が楽しいです。

かといって演奏力がズバ抜けてスゴいというわけでもなく、演奏力に勝る中国人二胡奏者はいっぱいいますし、何よりも二胡のアイデンティティは中国にあります。
日本人である私が二胡で発展していくには、それをも越える抜きん出たものがなくては成し得ないと思っているんです。

自分の強みは、いかに歌ものの曲を歌ってるように表現力豊かに弾けるかということと、創造力だと勝手に思っているので、何かしらそれを活かし、二胡を用いた手段を考えつきたく、それを思索しています。
なんかモヤッとしたものは見えているのですが、まだハッキリとした手段や、具体的な作品のイメージはつかめません。
あともうちょっと〜!っていう感じはあるんですが…。

二胡が好きだからこそ、二胡で生きていきたいし、その為に悩み苦しむこともあります。
何のために二胡を始めたんだろう?
始めた時の純粋な楽しさと、音楽を楽しむため(楽しい曲だけという意味ではないです)に現状の頑張ってたこととの差異を感じ、だから、この2年ほどは外へ向けての積極的なプロモーション的な発信はせず、肩の力を抜くことにしていました。

そこで原点に戻る。というまでではありませんが、改めて私がこれまで影響を受けてきた音楽を、今回は自分自身で辿ってみようと思いました。
“HISTORY”で今一度、音楽を振り返ってみようと思います。

メンバーには久しぶりのピアノのどぼんさん、ギターの見田さんを迎えてお送りします。
演奏会場は広いホールではありませんが、雰囲気の良いささやかな空間です。
ぜひいらしてください!

こたに じゅん 二胡LIVE
“HISTORY”

雑色系二胡奏者 ルーツを辿るものがたり


日 時:2017年11月18日(土)
    昼の部 – 13:30開場 14:00開演
    夜の部 – 18:00開場 18:30開演
場 所:榎の樹ホール(ENOKI-HALL)
出 演:こたに じゅん(二胡)、
    田中“どぼん”俊光(Pf.)
    見田 諭(Gt.)
料 金:全席自由
    前売:¥3,500(税込)
    当日:¥4,000(税込)
お問い合わせ:アカラ 03-5981-9257
お申し込み:チケットお申し込みサイト“TIGET”のお申し込みフォームから、もしくは“二胡奏者こたにじゅん”サイトのお申し込みフォームからお申し込みください。

※“二胡奏者こたにじゅん”サイトのお申し込みフォームからのお申し込みの場合は、別途銀行振り込みの手数料がかかります。
※昼・夕2回開催-どちらも演目内容は同じです。ご希望の部をお申し込みください。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

  • Share (facebook)
  • mixiチェック

2017.10.2

おしらせ

アーカイブ

更新情報

facebook

facebook

YouTube