お知らせ

広州初ツアー「音魂」初日・入国

成田空港に2時間前に到着したにもかかわらず、中国行きのフライトの窓口は交易会の関係者と、日本でのバク買いを終えた中国の人達でものスゴイことになってて、時間の余裕などなく人波にもまれながら搭乗(笑)
日本から広州までのフライトは約4時間半くらいかな、中国って広いのね。

午後9時すぎに広州の空港についたら、広州ANAのスタッフ伍さんが搭乗口で出迎えてくださり、空港の外まで案内していただいた。
(今回、広州ANAさんのパーティ演奏で招致していただいたので本当にお世話になりました。あ、伍さんの写真とってない 汗、明日撮れるかな?)

空港を出たら風モスさんが迎えにきてくださり、2か月ぶりのご対面!
Facebookでメッセージのやりとりもずっとしてるんだけど、でも、なんか久しぶりな感じがした。
ホテルに送っていただく車中でモスケさんと、
「人と会う時は、もうこれが最後なんだという覚悟で会わなきゃいかんのだな…」という話で盛り上がる。
40分くらいの移動時間でも、こういう話ができるモスケさんとの時間はとても貴重なのです。

ホテル「花園酒店」に到着。
ホテルはすごく大きくて広くて、フロント超豪華、壁一面金の装飾!
こういうのは日本にはないので、記念撮影。
無駄にゴージャスなフロント
浮かれて自撮り。
えりか自撮り
中国の人って、大きくてゴージャスなのがやっぱり好きなのね。
部屋も豪華で、一瞬観光モードになりかけるけど、いかんいかんと気を引き締め、部屋で明日の音合わせ。
おしゃれな室内3
一通りやったらお腹が空いたので、広州の夜の街に繰り出し、水と食べ物探し。
路上では、似顔絵描きやレーザー光線のオモチャなんかをシートに並べて売ってる露天商がズラリといて、人種も黄色人、アラブ系、インド、黒人、白人とごちゃ混ぜ。
中国っていうより、東南アジアのイメージ。
すごく混沌とした感じが面白い。
ホテルの中と、道一本隔てた世界が全然違う。

‥なんて思いながら、部屋に戻ったらすぐねちゃった、笑

オマケの一枚。
ホテルにあったマスク
ベッドサイドに置いてあった、火災発生時用のガスマスクと頭巾のセット。

明日の演奏、ガンバるよー!!

  • Share (facebook)
  • mixiチェック

2015.4.30

おしらせ

アーカイブ

更新情報

facebook

facebook

YouTube