お知らせ

〜アカラ上海ツアー2013「風の音文」〜その弐 12月13日本番

ツアー終了して一週間経つのに、まだレポートが終了してませんね〜
バタバタで更新が遅れてしまってスミマセン〜
さてさて続きをお伝えしますー

ツアー初日本番ー

風の音が流れる中、こたに じゅんとネギさん登場。
出演者が着席。
風の音は止む。
こたに じゅんがタイトルコール。
「幸せになりますように。」
イントロのストリングスが静かに流れ出す。
そのイントロに合わせて、こたに じゅんの柔らかで繊細な二胡の音色が響く。

「風の音文」のテーマのひとつに、“光に始まり光に終わる”というのがあって、こたにじゅんのオリジナル曲「幸せになりますように」がオープニングにぴったりはまった。
「ひこうき雲」、「序章〜光へ〜」とソロ演奏が続いた後、低い地鳴りの音と共にえりか登場。
地鳴りが遠のき、「羇旅歌」がはじまる。
二重奏と歌、音が良いのでいつもより気持ちが乗る。
今回共演してくださったネギさんの三線も、演出の良いアクセントとなった。

「更なる光を求めて旅立つ求道者が、時にあたたかい太陽に恵まれ、冷たい風雨にも晒されながら、最後には新たな光を見つける」‥という設定で、その後も、風、雨、雷鳴、波‥と様々な自然の音と、ストーリーの流れに合うオリジナル曲やカバー曲をを織り交ぜながらライブを組み立てていった。こういうことが出来るのも、こちらの演出の意図を組んで再現してくださるスタッフさんがあってこそだと、あらためて感謝。

少ない楽器でも、もっと演出することが出来るんじゃないかと以前から考えていたので、それを今回、上海の地で演らせてもらうことができて、本当に良かった。
カイシングオ

風の音文「歌魂を風に乗せて」12月13日セットリスト
【一部】
「光」
1.幸せになりますように
2.ひこうき雲
3.序章~光へ~
「念」
4.羇旅歌
5.羅刹鬼のボニータ
「流」
6.三線独奏
「望」
7.雨ニモ負ケズ

【二部】
「想」
1.リンゴ追分
2.君をのせて
「囚」
3.そんなにオレは悪くない
「混」
4.人間の島
5.童神
「翔」
6.舞い上がる花のように

アンコール
おっさんスモーキン
カイシングオ2

終演後は沢山のお客さんにCDを買っていただけたり、今後新たな客層へのアプローチにつながりそうな有り難いお話もいただけたりと、自分たちの世界観が少なからず伝わったのだと実感できて、とても嬉しかった。

翌日14日お昼の会場となる東和のcafedelestカイシングオに音響機材を搬入するので、店長のタカさんは店に泊まり込み、林さんも早朝から駆けつけてくださることになったので、私たちも翌日に備え、その夜はすぐ宿に戻り、部屋でゆっくりと英気を養うことにした。

と思ったら、お風呂のお湯が出ず愕然‥(苦笑)

‥としたのだけど、素晴らしい方達のご協力のもと、連日演奏をさせてもらえる喜びの方が上回り、上海一日目の夜をマンジリと過ごすのでした。

続く〜

  • Share (facebook)
  • mixiチェック

2013.12.23

おしらせ

アーカイブ

更新情報

facebook

facebook

YouTube